太りやすい

2012-12-12



骨盤が歪むと、血行が悪くなったり内臓下垂を引き起こしたりします。
このため新陳代謝が低下して、食べたものがエネルギーとして消費しきれず
脂肪が蓄積しやすい体になってしまうのです。

またリンパの流れも悪くなり、老廃物の排泄が滞りがちになります。
特に下半身に脂肪や水分が溜まりやすく、セルライトもできやすくなるのです。
便秘も腸内環境を悪化させ、さらに排泄機能が低下することに。

その上内臓の神経も圧迫されるため、満腹サインが脳の食欲中枢に伝わりにくくなり
食べ過ぎてしまうことにもなります。
このようにして、太りやすく痩せにくい体ができあがってしまうのです。

ダイエットを成功させるには、まず骨盤の歪みをとることが先決と言えるでしょう。


Share on Facebook