日常生活で

2012-12-12



骨盤が歪む原因は日常の偏った体のクセです。
立つ、歩く、座る、寝る時の姿勢を意識してバランスの良いものにすれば
骨格の歪みを予防したり改善する効果が期待できます。

現代は椅子に座ることの多い生活です。
座る時に気をつけたいことはたくさんあります。
まず、深く腰掛けて背中を伸ばして座りましょう。
同じ側の脚ばかり組んだり、床に座る時の横座りやあぐらも骨盤を歪めます。

歩く時は、できるだけ大股に少し速足くらいで歩きましょう。
モデルさんのように一直線上を歩くようにするのも、骨盤にはよい歩き方です。
腰の動きが大きくなり、大腰筋がよく使われるからです。

女性は、常にハイヒールをはく生活は見直したほうがいいでしょう。
前のめりの姿勢になって、骨盤が前後にズレやすくなるからです。

寝る時に左右どちらかを下にして、横向きに寝る姿勢も骨盤に負担をかけます。
また、バッグをかける肩や立っている時の軸足は、時々変えてみるといいでしょう。

Share on Facebook