安産タイプの骨盤とは

2012-12-12



骨盤が歪むと、女性ホルモンの分泌に悪影響を与えて不妊を招くことがあります。
ですので骨盤矯正によって、妊娠しやすい体作りができることになります。
それだけではありません。
骨盤矯正によって安産しやすい体にもなれるのです。

細くて骨盤が狭い女性は、さぞ出産が大変だろうと思いがちですね。
ところがそういう女性でも、難なく立派な赤ちゃんを産んでいたりします。
つまり安産しやすい体とは、体型ではなく骨盤の柔軟性、健全さなのです。

歪んだ骨盤ですと、出産時にスムーズに開くことができず
赤ちゃんがすんなりと出て来れないのです。
お母さんも大変ですが、出たいのに出られない赤ちゃんはもっと大変です。

骨盤矯正を始めるのは妊娠前からがベストですが
妊娠が分かったらぜひとも骨盤矯正に取り組んで
元気な赤ちゃんを産みたいものですね。


Share on Facebook