産後の下半身太りにご用心

2012-12-12



妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤は緩んで開いていきます。
これは出産時に赤ちゃんが
狭い産道をスムーズに通って出て来れるようにという母体の仕組みなのです。

普通は出産後に少しずつ、骨盤は閉まっていきます。
しかし骨盤は、出産によって少なからず歪んで不安定な状態です。
しかも産後は赤ちゃんの世話や家事の両立で、不自然な姿勢や無理な格好をしがちです。
自分の体どころではない、ということかもしれませんね。

この状態で2ヶ月、3ヶ月と過ぎてしまうと、骨盤は歪んだまま固まってしまいます。
そして下半身太りを招くことになるのです。
「子供を産んだんだからしょうがないよね」で済ませてしまうと
スリムボディを取り戻すのは難しくなるかもしれませんよ


Share on Facebook