日常のクセ

2012-12-12



椅子に座る時にいつも同じ側の脚を上に組んでいると
骨盤に左右の歪みを招きます。
バッグをかける肩が決まっている
床に座る時に横座りをする
立っている時に同じ側の脚が軸足になっている
横向きに寝ることが多い人も
骨盤の左右どちらかに歪みがある考えていいでしょう。

また、一日の大半が座り仕事である、ヒールの高い靴を履いている
床に座る時アヒル座りをするといった人は
前後に骨盤が傾きがちです。
このように無意識にとっている日常の体のクセによって
少しずつ骨盤は歪んでいくのです。

人間には利き手がありますから、どうしても左右のアンバランスを招いてしまいます。
特にゴルフやテニス、野球などスポーツをする人は
体の片側だけを集中的に使うため骨盤が歪むことが多いのです。


Share on Facebook