運動不足

2012-12-12



骨盤を歪める原因として、運動不足も挙げられます。
現代人はただでさえ運動不足の人が多くなっています。
姿勢が悪いと疲れやすくなります。
そうすると体を動かすのが億劫になり、さらに運動不足を招いてしまうのです。

骨盤は仙腸関節で3つの骨が繋がっています。
私たちが歩いたりしゃがんだりする動作は
この仙腸関節が動くことで成り立っているのです。
運動不足であまり歩かない人は、仙腸関節を動かすことが少なく
仙腸関節の周囲の筋肉が硬くなっています。

その上に日常の偏ったクセが加わると、仙腸関節がズレてしまいます。
それがそのまま固まってしまうと、骨盤に歪みを生じることになるのです。

背骨と繋がる骨盤は、大腰筋、腸腰筋といったインナーマッスルによって支えられています。
運動不足になると、これらの筋肉も衰えてきます。
そうすると骨盤で上半身を支えることができなくなり
骨盤が後ろや左右に傾いてくるのです。


Share on Facebook