酵素とは

2012-12-10



そもそも酵素ってどんなものなのでしょうか。
酵素?消化酵素ぐらいしか知らないわ。
そういう方がほとんどかもしれませんね。
しかし、酵素ってけっこう馬鹿にできない存在のようです。
人間や動物の生命活動の主役といえるくらいすごい物質だそうです。

私たちが毎日口にする食べ物も、その消化や吸収には消化酵素という酵素が大きな役割を果たしています。
しかし、酵素の働きはそれだけではありません。
私たちが息をするのも、物事を考えるのも、心臓や筋肉を動かすのも
全て酵素の働きが無ければできないのです。

この酵素は、現在までで3000種類ほど発見されています。
そして、その種類一つ一つに特有の働きがあります。
例えば消化酵素のアミラーゼ。
これはデンプンを分解する酵素ですがたんぱく質を分解することはできません。
たんぱく質を分解するのはプロテアーゼという酵素で
逆にプロテアーゼはデンプンは分解できないのです。

このように、酵素にはそれぞれに独自の役割があり
逆にその役割以外のことはできません。
与えられた役割だけを一生懸命果たすのです。
融通が利かないといえばそれまでですが、頑固一徹、健気な感じさえしますね。

Share on Facebook