酵素の種類

2012-12-10



少し難しい話になりますが、酵素は私たちの体内でたんぱく質から作られます。
酵素を作る能力は人によって違いますが
一人の人間が一生のうちに作ることができる酵素の量には限りがあるそうです。
この酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類に分かれます。

「消化酵素」は、炭水化物やたんぱく質、脂肪などの食べ物を消化する酵素です。
「代謝酵素」とは新陳代謝に関わる酵素のことで、栄養素を細胞に届けたり
体内毒素を汗や尿中に排出したり、その他に自然治癒力・免疫力を高める働きをします。

「消化酵素」と「代謝酵素」は私たちの体の中で作られる酵素ですが
そのほかに体の外から摂り入れられる酵素があります。
これを「食物酵素」といい、生の食べ物や発酵食品に含まれています。
焼き魚に大根おろしを付け合せますね。
あれは、生大根の食物酵素を摂り入れて焼き魚の消化を助けているのです。

Share on Facebook