くすみ脱却!透明美肌30の知識


くすみとは


くすみとは、何となく暗く疲れた感じで、透明感やツヤがない肌の状態をいうようです。
また、全体的に褐色っぽい黒ずみで、ざらついた感触があります。
顔全体のこともあり、目の周りや頬、口の周りなど
→続きはこちらから


肌の色


角質が厚くなっていなくても、冷えや疲れ、睡眠不足のせいで
肌がくすんで見えることがあります。それは何故でしょう。
→続きはこちらから


気づかないうちに


日焼けしたわけでもないのに
以前と比べて色が黒くなったような気がするということはないでしょうか。
ファンデーションを1トーン暗めの色にしなければならなくなったり
→続きはこちらから


クマとくすみ


顔の黒ずみには、クマもありますね。
たとえば、目の周りのクマは「青グマ」と呼ばれており、血行不良が原因です。
目の周りは皮膚が薄いので、毛細血管の血流の滞りが顕著に現われるのです。
→続きはこちらから


顔のくすみ


顔のくすみの中で、口の周りの黒ずみも気になるものです。
鼻の下のヒゲのようなくすみや下唇に沿ったくすみは
卵巣機能の低下や冷え性、貧血による色素沈着が考えられます。
→続きはこちらから


目元のくすみ


顔の中でも、第一印象を決めるのが目元です。
目の周囲のくすみは、老けて疲れた印象を与えてしまいますね。
目の周囲の皮膚は薄いため、外的・内的影響で容易にくすんでしまいます。
→続きはこちらから


体のくすみ


顔のくすみには気がつきやすいものですが
顔だけでなく体全体がくすむこともあります。
体はメイクをしませんし
→続きはこちらから



紫外線が原因


紫外線がシミの元凶であるように、紫外線はくすみを引き起こす大きな要因です。
メラニンの沈着は、直射日光に当たってできるほかに
生活紫外線といわれる慢性的なメラニン沈着があります。
→続きはこちらから


血行不良が原因


くすみというと一番気付くのが顔ですが、顔だけでなく体全体の肌がくすむのは
血行不良が原因のことが多いようです。
冷え性の人や、寒い季節に起こるくすみは、体が冷えて血行が悪くなることから起こります。
→続きはこちらから


新陳代謝の低下でくすむ


年齢とともに、体の新陳代謝が衰えて、肌の再生力が低下してきます。
古い角質が居残って角質層を厚くし、透明感のないくすんだ肌になっていくのです。
→続きはこちらから


皮脂の酸化でくすみ


くすみを感じるのは、何といっても顔ですね。
顔のくすみの原因の多くは、メイクのクレンジングや洗顔が不十分であることです。
体の他の部分は衣類で覆われていることがほとんどです。
→続きはこちらから


皮脂が過剰になるとき


皮脂が過剰に分泌されると、そのぶん酸化の危険度も増すことになります。
皮脂の分泌が過剰になる場合とは、どんな時でしょうか。
→続きはこちらから


乾燥でくすみ


肌の乾燥は、くすみの大きな原因といわれています。
現代の環境は、夏は冷房、冬は外気の乾燥に加え屋内でも暖房による乾燥と
肌が乾燥にさらされることが多くなりました。
→続きはこちらから


毛穴の詰まり


毛穴の詰まりが、くすみの原因であることもあります。
毛穴の奥にある皮脂腺からは皮脂が分泌されて
皮膚表面を覆って肌を保護しています。天然保湿クリームというわけです。
→続きはこちらから


肝臓の疲れ


肌の色は、皮下の血液の色が透けて見えているのです。
顔は皮膚が薄いので、特に血液の状態が現れやすいところです。
血液がきれいで血行がいい人の顔は、透明感がありピンク色をしています
→続きはこちらから



紫外線対策


紫外線が当たると、メラニンによるくすみと、角質層の肥厚によるくすみ
そして皮脂の酸化によるくすみが引き起こされます。
やはり紫外線は最大の敵、紫外線対策は欠かせませんね。
→続きはこちらから


新陳代謝を高める


くすみを予防・解消するには、まずは角質層を厚くしないことです。
つまり、肌のターンオーバーを正常に保ち
剥がれるべき角質を溜めないようにすればいいのです。
→続きはこちらから


血行を促進する


冷え性や低体温の人の血色の悪さ、くすみを解消するには
体の芯から温めて血液循環をよくすることが一番です。
→続きはこちらから


マッサージでくすみ取り


血行不良による顔のくすみには
リンパマッサージによる新陳代謝の活性化が有効です。
リンパと血液の流れが促進されて、老廃物の排泄も高まります。
→続きはこちらから


乾燥を防ぐ


肌の乾燥を防ぐには、冬の外気や冷暖房の乾燥対策はもちろん
バランスのよい食生活や十分な睡眠といった、生活習慣を身につけることが大切です。
さらに、日々の保湿のためのスキンケアも非常に重要です。
→続きはこちらから


保湿化粧品


乾燥からくすみが起きている人は
保湿化粧品で解消されることも多いようです。
配合される保湿成分も、効果の高いものが増えています。
→続きはこちらから


くすみ解消の栄養素


美肌を作るビタミンCは、メラニンの沈着を薄くしたり
コラーゲンの生成促進のほか、ストレス対策にもなります。
ストレスを受けると、体は副腎皮質ホルモンを作って対抗しますが
→続きはこちらから


クレンジングと洗顔


皮脂の酸化が原因のくすみには、洗顔が非常に大切になります。
皮脂汚れを完全に落とし切ることが必要ですが、洗浄力が強すぎると
必要な皮脂や角質までも洗い流して、肌の乾燥を招きます。
→続きはこちらから


スキンケア化粧品


メラニンの沈着によるくすみであれば
美白成分の入ったスキンケア化粧品が効果的です。
近年の日本の美白コスメは優秀なものが多くなっています。
→続きはこちらから


肝臓強化


くすみ対策を頑張ったのに改善しない、という人は、肝臓を酷使していないでしょうか。
肝臓の解毒の仕事を増やさないためには、日常の生活改善が必要です。
→続きはこちらから



毛穴対策


毛穴の詰まりによるくすみには、皮脂の分泌を過剰にしないことが先決です。
ストレスや睡眠不足、喫煙などの生活習慣、糖分・脂肪過多の食生活を改善しましょう。
→続きはこちらから


ピーリング


蓄積した古い角質を取り除くには、自分でできるピーリングも効果的です。
市販されているホームピーリング剤は
フルーツ酸やハーブ配合のジェルといった穏やかなものです。
→続きはこちらから


フェイシャルエステ


厚くなった角質を除去し、また角質を蓄積しないためには
血行を促進して新陳代謝を活発にすることが必要です。
そのために最も効果的なマッサージをしてくれるのは、やはりプロの技術ですね。
→続きはこちらから


くすみの豆知識「糖化」


最近、くすみの原因に「糖化」が挙げられています。
酸化は活性酸素などによって細胞が酸化され、いわゆるサビつくことですが
それに対して糖化とは、たんぱく質が糖と結合し
→続きはこちらから


抗糖化!


糖化の原因は、血中の糖分が高くなってしまうことです。
糖分の過剰摂取は高血糖状態が続きますし
ドカ食いや早食いは血糖値を急激に上昇させ、糖化を引き起こします。
→続きはこちらから

Share on Facebook