乾燥

2012-12-11



肌の乾燥は、くすみの大きな原因といわれています。
現代の環境は、夏は冷房、冬は外気の乾燥に加え屋内でも暖房による乾燥と
肌が乾燥にさらされることが多くなりました。
このため、乾燥肌に悩む人が増えているのです。

空気が乾燥すると、肌の角質の水分が失われていきます。
そうすると、肌を守ろうとして、皮膚の基底層では急いで角質を作ります。
古い角質がまだ剥がれ落ちないうちに
新しい角質がどんどんできて角質層が厚くなってしまうのです。

本来角質は28日ほどの周期で交代が行われ、健康な肌が維持できるのです。
しかし、乾燥によってターンオーバーが無理に速められるため
古い角質が剥がれにくくなって残ります。
こうして、透明感のないカサついた角質で覆われた肌は、くすんで見えます。

さらに、乾燥した肌では皮脂分泌が盛んになります。
水分は不足しているのに、脂分は過剰という状態です。
乾燥肌の人は、角質の肥厚と皮脂の酸化によって
くすみ肌の悩みも抱えることになりそうです。

Share on Facebook