糖化

2012-12-11



最近、くすみの原因に「糖化」が挙げられています。
酸化は活性酸素などによって細胞が酸化され、いわゆるサビつくことですが
それに対して糖化とは、たんぱく質が糖と結合し
最終的にAGEs(Advanced Glycation End products)
という褐色の物質に変化する現象のことです。
たとえば、パンを焼くと表面が褐色になったり
炊いたご飯が時間とともに黄ばんで硬くなる、これが糖化です。

AGEsで繋がった組織、つまり糖化したたんぱく質は硬くなり
本来の働きを失います。糖化が骨の中で起きると骨粗しょう症につながり
血管で起きると血管のコラーゲンが硬くなって、血行が悪くなります。

肌に糖化が起こると、コラーゲンやエラスチンが硬くなって
肌の弾力がなくなります。
また、糖化は慢性的に進むので、褐色の糖化たんぱく質が溜まっていくと
透明感が失われてくすみとなります。

さらに、一度作られた糖化たんぱく質は分解されにくいため
新陳代謝を阻害します。
肌のターンオーバーが遅くなって、メラニンが排出されずにシミを作ったり
角質を厚くしてくすみを深めます。
どうやら糖化は、酸化に負けず劣らず、お肌の大敵のようです。

Share on Facebook