クマとくすみ

2012-12-11



顔の黒ずみには、クマもありますね。
たとえば、目の周りのクマは「青グマ」と呼ばれており、血行不良が原因です。
目の周りは皮膚が薄いので、毛細血管の血流の滞りが顕著に現われるのです。
改善するには、マッサージなどで血行をよくしてやることです。

皮膚のたるみで影ができて、黒ずんで見えるものを「黒グマ」といいます。
特に、たるみやすい下まぶたによくできます。
まぶたはむくみやすい部分でもあるため、むくみが出るとさらに黒ずんで見えます。
コラーゲンを増やすなどのたるみ解消法が効果的です。

もう一つ「茶グマ」というものがあります。
メラニンの色素沈着で、ごく小さなシミが密集したり、摩擦刺激でできたりします。
シミと同じく、メラニンを解消する美白によって改善することができます。

共通の原因がありますので、クマもくすみと考えて対策をとることができますね。
クマは疲れが溜まると目立ってきます。特に生活習慣の見直しが大切になるでしょう。

Share on Facebook