紫外線

2012-12-11



紫外線がシミの元凶であるように、紫外線はくすみを引き起こす大きな要因です。
メラニンの沈着は、直射日光に当たってできるほかに
生活紫外線といわれる慢性的なメラニン沈着があります。
日常の紫外線によって全体的にできたメラニンが
ターンオーバーの遅れによって排出されないと、沈着してシミと同様にくすみを作るのです。

そして、紫外線によるくすみの要因に、角質層の肥厚があります。
角質層は皮膚の外側にあって、バリアの役目をしています。
紫外線が当たると、私たちの体はメラニンを作るほかに
角質を厚くして肌を守ろうとします。
正常なターンオーバーのもとでは、角質の重なりは10〜20層ほどに保たれていますが
それがさらに増えて角質層が肥厚してしまうのです。

さらに、紫外線は活性酸素を発生し、皮脂を酸化させます。
メイク落としが不十分だったり、洗顔で古い皮脂や化粧品の油分が落としきれていないと
それらの油脂分が過酸化脂質に変化してしまいます。
これが日常蓄積されてくすみを作るのです。

Share on Facebook