血行不良

2012-12-11



くすみというと一番気付くのが顔ですが、顔だけでなく体全体の肌がくすむのは
血行不良が原因のことが多いようです。
冷え性の人や、寒い季節に起こるくすみは、体が冷えて血行が悪くなることから起こります。

体が冷えて皮膚の下の毛細血管が縮まると、血液の流れが悪くなります。
そうすると、肌に酸素や栄養が運ばれにくく老廃物も溜まりがちになり
よい角質細胞が育ちません。
また、血液自体の色が暗く濁るため、肌の色がくすんで見えます。

血行不良は、喫煙やストレスでも起こります。
タバコのニコチンは血管を収縮させますし
ストレスによって交感神経が緊張すると、やはり血管が収縮して血の流れが悪くなります。

食事の偏りも血液循環を悪くします。
過剰な脂肪や糖分は、血管にコレステロールを沈着させて血管を狭め
血液を流れにくくします。
インスタントやファストフードに含まれている油や合成添加物も
血液の質を悪くして血行を阻害しています。

また、運動不足による筋力の低下も、血行を悪くしているのです。
特に、筋肉の動きによって心臓へと送られる静脈血の流れが緩慢になり
全体の血液循環が悪くなります。

Share on Facebook