ニキビ絶対治すぞ!35の知識。


ニキビとは


ニキビとは、過剰な皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こしてできるもので
赤く腫れたり膿んで痛んだりします。
ほとんどの人が経験したことのある肌トラブルですので
→続きはこちらから


思春期ニキビと大人ニキビ


小学高学年から高校くらいまでの第二次性徴期には
誰しもニキビができるものです。
この時期になると
→続きはこちらから


ニキビはこうしてできる


ニキビができる過程には3段階あります。
まず、皮脂が過剰になること、そして毛穴が詰まること
さらに炎症が起きることです。
→続きはこちらから


アクネ菌とダニ


皮脂には、トリグリセリドやロウエステル
スクワレンといった脂質が含まれています。
スクワレンは肌を滑らかにする働きがありますが
→続きはこちらから


顔のニキビ


顔のニキビは、やはり皮脂分泌の活発なTゾーンに多くできます。
額や眉間、眉毛周辺のニキビは、思春期や脂性肌の人に多く
前髪の刺激やシャンプーの洗い残しが原因のこともあります。
→続きはこちらから


体のニキビ


頭皮
頭皮は、体の中で最も皮脂分泌が盛んな部分です。
しかし、毛髪のおかげで毛穴の開きが大きく
→続きはこちらから


ニキビの種類1


ニキビは、症状の段階と見かけの色によって
白・黒・赤・黄色と4タイプに分けられるようです。
ニキビのタイプは、最適な治療法や自分の体質を見極める目安になります。
→続きはこちらから


ニキビの種類2


黄色ニキビ
膿疱性座瘡ともいい、ニキビの最終段階です。
赤ニキビが化膿して炎症がひどくなった状態です。
ニキビ周辺は炎症の赤みが強く
→続きはこちらから



皮脂分泌の過剰


ニキビの原因のおおもとは、皮脂が過剰になることです。
皮脂の分泌は、さまざまな時期において変化します。
→続きはこちらから


ストレスニキビ


ストレスは、皮脂分泌を増加させます。
最近は、ストレスによるニキビが増えているのではないでしょうか。
ストレスはホルモンバランスを崩します。
→続きはこちらから


睡眠不足でニキビ


寝不足の朝、鏡の中の顔はドンヨリくすんで
しかも脂ぎっていることが多いですね。
実は、睡眠不足も皮脂分泌を盛んにするのです。
→続きはこちらから


新陳代謝の低下でニキビ


毛穴の詰まりは、古い角質が毛穴を塞ぐことによって起きます。
新陳代謝が低下して、角質が剥がれにくくなるからです。
思春期ニキビと大人ニキビの大きな違いは
→続きはこちらから


偏った食生活でニキビ


現代人の食事は、脂肪・糖分過多、ビタミン・ミネラル不足といわれます。
また、アルコールや刺激物を摂ることが日常的になっています。
現代人にニキビが多いのは、食生活も大いに関係がありそうです。
→続きはこちらから


洗顔・化粧品でニキビ


 特に脂性肌でもないのにニキビができる、という人は
洗顔が不十分なことが原因ということも多いようです。
落とし切れなかった古い皮脂や角質が毎日溜まっていって
→続きはこちらから


外的影響


外からの原因として、紫外線があります。
紫外線は、肌細胞にダメージを与えて
肌のターンオーバーを衰えさせます。
→続きはこちらから


便秘が原因


便秘が続くとニキビができる
こんな経験はどなたにもあるでしょう。
便秘とニキビにはどんな因果関係があるのでしょうか。
→続きはこちらから


胃腸・肝臓の弱りからくる


胃の調子が悪いと、口の周りにニキビができることがありますね。
ストレスなどで自律神経が乱れると、胃腸の機能が低下します。
→続きはこちらから



ニキビの予防


ニキビも初期段階の白ニキビや黒ニキビから進行して
赤ニキビや化膿した黄色ニキビになると、治っても跡が残ってしまいます。
ですので、ニキビは予防が何より肝心です。
→続きはこちらから


正しい洗顔


洗顔の前に毛穴を開いた状態にします。
毛穴内の皮脂と汚れを効果的に落とすためです。
蒸しタオルを数分顔に載せたり、お風呂上りのタイミングで洗顔するといいですね
→続きはこちらから


食生活の改善


脂肪の多い食事は、考えただけでもそのまま皮脂を増やしそうですね。
ニキビ対策には、脂肪や糖分を控え
ビタミン・ミネラルを十分摂れる食生活が必要不可欠です。
→続きはこちらから


生活習慣の改善


大人になってできるニキビに悩む人が増えているのは
現代のストレス社会と無関係ではありません。
ストレスで毎日アドレナリン一杯の生活を続けていたのでは
→続きはこちらから


睡眠と運動


ニキビ予防に必須の毛穴を詰まらせないためには
新陳代謝を活性化することが必要です。
そのためには、新陳代謝に必要な成長ホルモンの分泌を促進させる生活をすればいいのです。
→続きはこちらから


便秘の解消


現代人の便秘の原因の一つは、不規則な生活で排便リズムが狂っていることです。
食べ過ぎや、夜更かしで寝る直前の食事は、胃腸を疲れさせます。
起床と就寝時間、食事時間を規則正しくして、排便リズムを取り戻しましょう。
→続きはこちらから


漢方で治す


漢方では、内にこもった熱と血液循環の悪さがニキビの原因だと考えます。
脂肪や刺激物の多い食事で体内に熱が生じ、ストレスによって血行が阻害されて
発散できない熱がニキビを作るのです。
→続きはこちらから


ニキビ治療の化粧品


ニキビにいいスキンケア化粧品は、油分が少なく
しかし保湿力が高いこと、そして刺激がないものを選びましょう。
これを満足させるニキビに効果的なスキンケア化粧品が
→続きはこちらから


ニキビ化粧品1


人気の高いのは、特殊精製の天然クレイによる洗顔料を使うニキビ化粧品シリーズです。
洗浄力の強い界面活性剤を使用せず、泡で洗うという洗顔の概念を変えたものです。
さらに消炎・保湿に優れた植物エキス配合の化粧水
→続きはこちらから


ニキビ化粧品2


肌本来の力を呼び覚まし 肌質を変えるという東洋思想に基づいたニキビ化粧品も人気です。
真珠エキスや高麗人参、甘草、霊芝、ヨモギ、ヨクイニンの和漢処方になっています。
ほかにも、ヨモギやドクダミといった和漢植物エキス
→続きはこちらから



ホームスキンケア


家庭でできる簡単で効果的なニキビ予防に
洗顔とホームピーリングがあります。
古くからある毛穴をキレイにする洗顔成分には、スクラブと酵素があります。
→続きはこちらから


内服薬・サプリメント


ビタミンB2は、リボフラビンとも呼ばれ
ビタミンBの黄色はリボフラビンの色です。
→続きはこちらから


抗生物質


皮膚科などの医療機関で行われるニキビ治療は
薬物治療、レーザーやフォトフェイシャルなどの光治療
ケミカルピーリング、そして悪化したニキビには手術治療があります。
→続きはこちらから


皮膚科処方の外用薬


昔から皮膚科で処方されてきたニキビの外用薬に
イオウカンフルローションがあります。
イオウには殺菌や角質柔軟作用があり
→続きはこちらから


皮膚科でニキビ治療


ニキビは潰すと跡が残るからやってはいけない、といわれます。
手でニキビを潰すと、ニキビ部分の皮膚組織を
破壊してしまう場合が多いからです。
→続きはこちらから


光治療


フォトフェイシャルでは
ニキビ跡やニキビの赤みといったピンポイントの改善のほかに
脂性肌の改善も期待できます。
→続きはこちらから


ニキビと似た症状


ニキビとよく似たものに「おでき」があります。
同じ毛穴の炎症ですが、原因が違います。
ニキビは皮脂が詰まってできますが、おできは
→続きはこちらから


ニキビは遺伝する?


実際に、代々ニキビができやすい家系や、ニキビが多い人種もあるようです。
体質ということでであれば、遺伝する可能性もあります。
→続きはこちらから

Share on Facebook