ストレス

2012-12-12



ストレスは、皮脂分泌を増加させます。
最近は、ストレスによるニキビが増えているのではないでしょうか。
ストレスはホルモンバランスを崩します。
ストレスがかかると交感神経が興奮して
副腎からストレスホルモンであるアドレナリンが分泌されます。
アドレナリンは血管を収縮させて血行を悪くします。

そうすると、血流促進作用のあるジヒドロテストステロンという
男性ホルモンが多量に分泌されます。
このため、皮脂分泌が増加してニキビを作ります。
女性のストレスニキビは、男性ホルモンのせいというわけです。

また、交感神経が優位になると、白血球中の顆粒球も増えます。
顆粒球は侵入してきた細菌と闘ってくれるものですが
過剰になると化膿性の症状がひどくなります。
このため、毛穴の詰まりを化膿させ、ニキビを悪化させるのです。

ニキビで悩む人は、ニキビそのものがストレスです。
ストレスがかかると、ニキビが悪化します。
そしてまた悩む、この悪循環の繰り返しになってしまうため
ストレスを解消するためにも、早めにニキビケアに取り組むことが大切です。


Share on Facebook