抗生物質

2012-12-12



皮膚科などの医療機関で行われるニキビ治療は
薬物治療、レーザーやフォトフェイシャルなどの光治療
ケミカルピーリング、そして悪化したニキビには手術治療があります。

ニキビの治療薬は、主に抗生物質によってアクネ菌を殺菌するものです。
抗生物質には、化膿したニキビを沈静化させる働きもあります。
抗生物質は効果が高いのですが、耐性ができるなど問題があります。
このため抗生物質のニキビへの使用は、重症の場合に限られるようです。
内服薬と、クリームやローションなどの外用薬がありますが
医師の処方のもとの使用に限られます。

しかしアクネ菌は常在菌ですので、薬でニキビが治ったと思っても
やめると再発することが多いようです。
ニキビ治療には、皮膚の根本的な改善が必要ということです。
そのような治療方針で、総合的に対処してくれる医療機関を選び
内側からのニキビ対策と並行して行いましょう。


Share on Facebook