皮膚科でのニキビ治療

2012-12-12



ニキビは潰すと跡が残るからやってはいけない、といわれます。
手でニキビを潰すと、ニキビ部分の皮膚組織を
破壊してしまう場合が多いからです。
皮膚科には、皮膚を傷つけない圧出治療があります。
医療器具を使用して
面疱というニキビの芯となっている脂の塊だけを圧し出してくれるのです。

すでにできたニキビを改善することはできませんが
ニキビ予防に効果的な施術に、超音波クレンジングがあります。
超音波の振動で、肌に負担をかけず
日常のスキンケアでは落としきれない毛穴の皮脂汚れや古い角質を排出することができます。

ピーリングは、古くなった角質を剥ぎ取って
古い角質とともに毛穴に詰まった皮脂や角質も落としてくれます。
そして、その後の新しい細胞の生まれ変わりを促します。

薬品によるケミカルピーリングは、使用する薬品を慎重に選択することが大切です。
肌に負担が少ないピーリングに、ウォーターピーリングがあります。
超音波で霧状にした高酸素の水を使います。
アルミニウム粉を使用するクリスタルピーリングも穏やかですが
数回の施術が必要です。自宅でも使えるジェルタイプもあります。


Share on Facebook