ニキビの種類:1

2012-12-12



ニキビは、症状の段階と見かけの色によって
白・黒・赤・黄色と4タイプに分けられるようです。
ニキビのタイプは、最適な治療法や自分の体質を見極める目安になります。

白ニキビ
閉鎖面皰ともいい、皮脂で毛穴が詰まって盛り上がっている状態です。
毛穴は閉じていて、まだ炎症は起きておらず、ニキビの初期段階といえます。
ニキビには、この段階でのケアが大切です。

黒ニキビ
開放面皰ともいい、毛穴が開いて
毛穴に溜まった皮脂が古い角質と混じりあって酸化し
黒い角栓として見える状態です。
鼻や小鼻の脇によく見られ、炎症は起きていません。
角栓は気になるものですが、無理にとると化膿したりニキビ跡を作る可能性があります。

赤ニキビ
詰まった皮脂にアクネ菌が作用して炎症を起こし
赤く腫れた発疹がポツポツ見えます。
アクネ菌が皮脂を分解する時に生ずる遊離脂肪酸が
炎症を引き起こすといわれています。
毛穴が皮脂とアクネ菌で膨張すると、毛穴の組織が破壊されて
治ってもニキビ跡になってしまいます。


Share on Facebook