ニキビとニキビ跡

2012-12-12



ニキビは、皮脂腺から分泌される皮脂が毛穴に詰まることから始まります。
症状の軽いものから、一般に白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビとよばれています。

最も初期の白ニキビは、皮脂が毛穴に詰まって閉じており
炎症はまだですが少し盛り上がっています。
黒ニキビは、白ニキビの毛穴が開いて
詰まった皮脂や角質が酸化して黒い角栓となっています。

白ニキビや黒ニキビが炎症を起こすと、赤ニキビとなります。
赤ニキビの炎症がひどくなると、表皮の奥にある真皮が破壊され始め
ニキビが治っても跡が残る可能性が大きくなります。

ニキビの最終段階の黄色ニキビは、赤ニキビが化膿し激しい炎症を起こしています。
真皮が破壊されて、治っても色素沈着や肌の凸凹といったニキビ跡ができ
改善が難しくなります。

このように、赤ニキビや黄色ニキビになる前に適切な治療を行えば
ニキビ跡はまずできないと考えていいようです。


Share on Facebook