新型ビタミンC誘導体

2012-12-12



進化型ビタミンC誘導体、APPS(アプレシエ)とも呼ばれます。
これまでのリン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を結合させて
水溶性と油溶性両方の特性を備えることができ、ニキビ跡の改善に高い効果があります。

成分を化粧品に配合するには水溶性であることが必要で
皮膚に浸透させるには油溶性であることが必要です。
両方の質をもつ新型ビタミンC誘導体は
塗った後のツッパリ感やベトツキもありません。次のような効果を発揮します。

【活性酸素除去作用】
ニキビを作りにくくし、悪化させません。

【色素沈着改善】
メラニンの生成を抑えて色素沈着を薄くします。

【コラーゲンの生成】
真皮まで浸透しますので、線維芽細胞を活性化して
コラーゲン生成能力を高めます。ニキビ跡の凸凹を改善します。

【皮脂分泌の抑制】
過剰な皮脂分泌を抑え、毛穴の開きを引き締めます。
このため、ニキビのできにくい肌を作ります。

【保湿作用】
水溶性ビタミンC誘導体のような刺激がなく
肌を乾燥させることがありません。
また、ヒアルロン酸生成能力を高めるため、保湿能力がアップします。


Share on Facebook