新型ビタミンC誘導体の化粧品

2012-12-12



新型ビタミンC誘導体を配合した化粧水などは
皮膚科やクリニックで処方してもらえますが
自宅で手軽に使える市販の化粧品もあります。
ただ、新型ビタミンC誘導体の唯一のデメリットは、かなり高価なことです。

たいていは化粧水や美容液の形で、洗顔後の肌に直接塗って使用します。
選ぶ際のポイントは、配合率です。高価な新型ビタミンC誘導体ですので
価格の安い化粧品では、配合率はそれなりに低いことになります。
せっかく新型ビタミンC誘導体を使っても、効果を感じられないのでは意味がありません。

配合率は全成分表で確認できます。配合率の高い順番で記載されていますので
前のほうに記載されていれば、高い配合率だという目安になります。
成分表では「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」という名称になっています。


Share on Facebook