ハイドロキノン

2012-12-12



ニキビ跡のメラニン色素沈着には
ハイドロキノン配合のスキンケア化粧品も有効です。
ハイドロキノンは、メラニン生成に関わるチロシナーゼ酵素を抑制し
メラニンを生成するメラノサイトそのものを減少させるため
強力な漂白作用があります。

以前のハイドロキノンは、酸化されやすい不安定さや
濃度が高くなると刺激が強くなるなどの弱点がありました。
現在はこのデメリットを克服した新安定型ハイドロキノンが開発され
本来の美白効果はそのままに、敏感肌の人でも使用できるものになっています。

人気のハイドロキノン配合の化粧品は、新安定型ハイドロキノンや
ナノカプセル化して浸透性を高めたハイドロキノンが配合されています。
また、ビタミンC誘導体やシムホワイトといった美白成分との相乗効果によって
ニキビ跡の色素沈着にも高い効果を発揮しているようです。

皮膚科やクリニックでのハイドロキノン治療には
トレチノインとの併用で効果が高まります。
トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体で、皮脂分泌を抑制し
肌のターンオーバーを促進する作用があり、メラニンの排出が早まります。


Share on Facebook