ニキビ跡の凸凹改善

2012-12-12



ニキビ跡の凸凹は、真皮が破壊されて線維芽細胞が
正常に機能しなくなった証拠です。
線維芽細胞は新たにコラーゲンを生成すると同時に
古いコラーゲンを分解する仕事もしています。
この二つの仕事がうまく行われないために、凸凹ができてしまうのです。

凸は線維芽細胞がコラーゲンを作りすぎたため
凹はコラーゲンを十分な量作らなかったため
そして、硬くなった古いコラーゲンを分解処理しなかったため起きた症状です。

ですから、凸凹の治療には線維芽細胞の正常化が重要になります。
そのためには、線維芽細胞が存在する真皮組織の活性化が必要です。
細胞が元気になるためには、当たり前のことですが
酸素と栄養の補給、そして老廃物を排泄できる環境が必要です。

つまり、血液とリンパの流れをよくすることが
ニキビ跡の治療には必要不可欠なのです。
外からの治療と同時に、内面から血行促進とリンパの循環を
よくして肌細胞の活性化を行いましょう。


Share on Facebook