ニキビ跡ができるまで

2012-12-12



ニキビの症状が出るのは、最初は表皮です。表皮は
ターンオーバーによって、古い角質が剥がれ新しい角質が再生されます。
ですからニキビが初期段階のうちに治れば、ダメージは表皮だけですから
ターンオーバーが正常に行われる限り跡が残ることはありません。

しかし、ニキビが炎症を起こし化膿する段階に進むと
真皮にある毛包周辺にまでダメージが及びます。
真皮にはターンオーバーがありませんので
破壊された組織がそのままニキビ跡になって残るのです。

真皮では、線維芽細胞がコラーゲンやエラスチン
ヒアルロン酸を作る仕事をしています。
そして線維芽細胞には、古くなったコラーゲンなどを分解する働きもあります。

老化や紫外線、ニキビの炎症などで、線維芽細胞が減少すると
コラーゲンなどの生産が減るとともに
処理されない古いコラーゲンが真皮に停滞してしまいます。
これがたるみやシワの原因となりますが
ニキビ跡になったり、ニキビ跡の修復が難しい原因でもあります。

また、ニキビが悪化して出血することがありますが
それは真皮にまでダメージが及んだということです。
血管が通っているのは真皮で、表皮には血管はないからです。


Share on Facebook