ピーリング

2012-12-12



凸凹のニキビ跡は、厚くなった角質を除去するピーリングが効果的です。
古い角質層を除去することで、表皮の基底細胞が活性化し
ターンオーバーが正常化されます。
基底層が活性化すると、その下の真皮細胞も活性化されて、コラーゲン生成能力も高まります。

【ケミカルピーリング】
フルーツ酸(AHA) やサリチル酸といった薬剤を皮膚に塗布し
古い角質層を剥がします。薬剤の作用で角質間の結合を弱めるため
角質が自然に剥がれていくのです。
使用する酸のpHや濃度を厳密に調整することが大切です。

【サリチル酸マクロゴールピーリング】
マクロゴールに溶解したサリチル酸を使用します。
これまではエタノールに溶解させたサリチル酸を使用していたため
肌深部にまで浸透してしまい、刺激が強いという弱点がありました。
マクロゴールに溶解したサリチル酸は、角質層に留まって高いピーリング効果を発揮します。

【ウェットピーリング】
ウェットピーリングとは、ピーリングと同時に薬液を肌に浸透させる方法です。
薬液には、ハイドロキノンやサリチル酸、ヒアルロン酸、ビタミンCなどが入っています。
古い角質が剥がれたところに、美容成分を効果的に浸透させることができます。


Share on Facebook