レーザー治療

2012-12-12



ダイオード(半導体)レーザーは、半導体によって
照射する光の波長を変えて使用されます。
ニキビ跡の色素沈着に関しては、色素に反応する波長のレーザー光を照射して
色素を破壊して排出します。色素にのみ反応しますので
それ以外の部分には影響を与えることがないのです。

ニキビ跡の凸凹に関しては、クールタッチというレーザー光を照射します。
真皮内の線維芽細胞を活性化することで、コラーゲン生成を促進し凸凹を改善します。
また、出力を抑えたソフトレーザー光は
皮膚細胞を活性化したり血行を促進して、肌の再生を促進します。

若返りレーザーといわれているフラクショナルレーザーは
肌トラブルの改善だけでなく、肌細胞を赤ちゃん肌に入れ換えるという
画期的なレーザー治療です。細胞そのものが若返るため
新陳代謝が活発になり、ニキビ跡にも効果が期待できます。

レーザー機器も進化が著しく、性能や安全性が高くなっていますが
ニキビ跡の症状や肌質などを
しっかりカウンセリングしてくれる医療機関を選びましょう。


Share on Facebook