初期ニキビの悪化

2012-12-12



ニキビは、肌にとってみれば傷と同じです。
浅い傷であれば、消毒をして患部を清潔にし
絆創膏で保護しておけば治ります。
傷跡が残ったとしても、やがて消えます。

しかし、深い傷で出血もあれば、病院で傷口を縫合し
傷口からの細菌の侵入を阻止するために薬を塗ったり
包帯で保護したり、化膿止めの投薬を受けたりします。
この場合は、治っても傷跡が消えるまでは長期間かかり
一生残ることもあります。

ニキビもこれと同じです。ニキビ跡が残るのは
皮膚の深い部分まで傷つけられたからで
ニキビの初期段階で適切な処置をとらず
ニキビを悪化させて炎症や化膿を引き起こしたからです。

不適切な処置とは、何もせずに放置したり
自己判断による間違ったスキンケアや治療
非衛生による雑菌の増殖などがあります。
ニキビを手で潰したり、気にしてしょっちゅう触ることも
肌深部を傷つけニキビを悪化させます。
このために炎症をひどくしたり炎症が長期化して
真皮まで傷は深くなってしまうのです。


Share on Facebook