自然治癒力

2012-12-12



傷が治るのも傷跡が消えるのも、最終的には自然治癒力のおかげです。
外から行う治療は、自然治癒力を手助けするものといっていいでしょう。
ニキビ跡も、皮膚細胞の再生能力が正常に働けば
ある程度は改善されていくはずなのです。
しかし、頑固に消えてくれないニキビ跡もあります。

自然治癒力の皮膚細胞の再生能力とは、表皮の基底層で角質が作られたり
真皮内の繊維芽細胞がコラーゲンなどを作り、組織内を埋めることです。
この力が低下している人は、ニキビ跡が頑固に残りやすくなります。

自然治癒力の低下は、老化や食事・生活習慣の偏りなどによって起こります
。毎日の食事は、細胞が必要とする栄養を十分摂れているでしょうか。
睡眠、運動、ストレス、アルコール、タバコはどうでしょう。
頑固なニキビ跡は、このへんにも原因がありそうです。


Share on Facebook