ニキビ跡を作らないために

2012-12-12



ニキビ跡の色素沈着やクレーター状の凸凹は
炎症や化膿がひどいニキビが治った後にできます。
表皮の基底層や真皮の組織まで破壊されていますので
いったんニキビ跡ができると自然回復は難しくなります。
ニキビ跡を作らないためには、ニキビの予防と
ニキビができても初期のうちに適切なケアをすることが大切です。

ニキビの初期は、皮脂や古い角質が毛穴に詰まってはいますが
まだ炎症を起こしていません。
白ニキビや黒ニキビといわれるこの段階で
ニキビの正しいスキンケアをしましょう。
ニキビ用のスキンケア化粧品も、最近は優秀なものが多くなっています。
特に、毛穴の皮脂を除去する洗顔を徹底しましょう。

同時に、食事や睡眠・運動などの生活習慣の改善も必要です。
ニキビの治療にはもちろん、ニキビ跡の治療でも
これは継続しなければなりません。
皮脂分泌の正常化と肌の再生能力の活性化が
ニキビとニキビ跡の改善には何より重要なのです。

ニキビ跡は自己判断でケアを間違えると
治るものも治らなくなってしまいます。
ニキビ跡がなかなか消えないようなら、早めに医療機関に相談しましょう。


Share on Facebook