プラセンタの効果47項目


プラセンタとは


プラセンタとは哺乳類の胎盤のことです。
日本では「胎盤」というより大抵は「プラセンタ」という言葉が使われています。
→続きはこちらから


プラセンタの効果


胎盤には赤ちゃんを育てるために必要な5000種にも及ぶ物質が含まれています。
たんぱく質、脂質、糖質の三大栄養素のほかに
ビタミンやミネラル、アミノ酸、酵素、核酸なども豊富です。
→続きはこちらから


成長因子とは


プラセンタの他の健康・美容製品にはない大きな特徴は
細胞分裂を促進する成分が含まれていることです。
この成分を成長因子、または細胞増殖因子といいます。
→続きはこちらから


プラセンタの抽出方法


プラセンタエキスは胎盤から有効成分を抽出して作られます。
抽出方法によって効果にも差が出ますので
プラセンタを選ぶ際のポイントとなります。
→続きはこちらから


プラセンタの種類


哺乳類の動物は、お産の後に自分の胎盤を食べてしまう習性があります。
胎盤のパワーを本能的に知っているのでしょう。
胎盤を食べさせると実際に母体の出産後の回復も早く
→続きはこちらから


馬のプラセンタ


豚のプラセンタが主流の中で、最近馬のプラセンタが人気になっているようです。
なぜなら、馬のプラセンタは安全生が高く
また豚に比べてアミノ酸の含有量が格段に多いからです。
→続きはこちらから


植物性のプラセンタ


最近、「植物性プラセンタ」という言葉を耳にされたことはないでしょうか。
植物にも胎盤ってあるの?と思いますよね。実際には植物に胎盤というものはありません。
→続きはこちらから


プラセンタの選び方1


プラセンタの人気の高さからプラセンタを試してみようというヒトは多いようです。
問題は価格が少々高いことです。
ですから同じプラセンタを使うなら、できるだけ品質の良いものを選びたいものですね。
→続きはこちらから


プラセンタの選び方2


プラセンタの種類によっても効果が違ってきます。
日本では豚プラセンタが主流で
人間との相性もよく一般的なプラセンタの有効成分が揃っています
→続きはこちらから


摂取方法


プラセンタを摂る場合は
吸収力を高めるために空腹時にたっぷりの水と一緒に摂るといいでしょう。
プラセンタは摂取後30分ほどで消化吸収されますので
→続きはこちらから



肝臓の強い味方


私たちは日々、食品やアルコール、薬などから有害物質を摂り込んでいます。
それらを分解し解毒してくれるのが肝臓です。
肝心要(かんじんかなめ)と言うように
→続きはこちらから


肝硬変に効果あり


肝臓は私たちの体の中で最も大きな臓器です。
そして、その7割を失っても元通りに復活できるというすばらしい再生力を持っています。
→続きはこちらから


更年期障害にもプラセンタ


更年期障害は女性の閉経後によく起こる症状ですが
最近は若い女性にも多くなっているようです。
肝硬変と同様にこの更年期障害に対しても
→続きはこちらから


胸が豊かに?


昔からプラセンタは母乳の出が悪い母親のために用いられていました。 プラセンタには女性ホルモンの分泌を促進し
乳腺を発達させる働きがあるからです。
→続きはこちらから


血液ドロドロ動脈硬化に


血液検査でコレステロール値を気にする人は多いようですね。
成人病予防のために悪玉コレステロールを減らそう、とはよく言われることですが
現代の食生活ではなかなか難しいようです。
→続きはこちらから


骨粗しょう症の予防と改善


人間の体を支えている筋肉と骨は、高齢になっても元気に動き回るために重要なものです。
骨粗しょう症はこの骨に穴がたくさん開いて脆くなってしまう症状です。
→続きはこちらから


胃潰瘍(いかいよう)に


プラセンタが胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に効果があると分ったのは、比較的最近のことです。
日本や諸外国でのさまざまな臨床研究において
→続きはこちらから


育毛に効く


頭髪の悩みを抱えている人は、共通して頭皮の血行が悪くなっています。
血液が十分に行き渡らないと頭皮に栄養が行き渡らなくなり
髪の毛も弱く細くなってついには育たなくなります。
→続きはこちらから


アトピー性皮膚炎や花粉症に


アトピー性皮膚炎・花粉症に
アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー症状にも、プラセンタが有効と言われています。
→続きはこちらから


口内炎に


最近は歯科治療にもプラセンタが使われるようになりました。
口の中は非常に炎症を起こしやすい部分のため
歯肉炎をはじめ、歯槽膿漏や、口内炎といった炎症症状が多いのです。
→続きはこちらから


がんに


近代医学のがん治療は、手術によってがん細胞を除去したり
抗がん剤でがん細胞を小さくしたりするものです。
それに対してプラセンタのがん治療は
→続きはこちらから


アンチエイジング効果


プラセンタにはさまざまな効果がありますが
一言でいえば細胞を若々しくする効果ということになります。
たった1個の卵細胞から60兆個の細胞をもつ赤ちゃんに育て上げた胎盤が
→続きはこちらから


ダイエットに


プラセンタはダイエットにも有効とされています。
細胞分裂促進作用によって新陳代謝が活発になり、脂肪を燃焼してくれるからです。
つまり、痩せやすい体、太りにくい体を作ってくれるのです。
→続きはこちらから


プラセンタの美肌効果


最近のプラセンタ配合の化粧品の数には目を見張るものがあります。
それだけプラセンタの美肌効果が高いということなのでしょう。
肌の悩みは、シミ・シワ・タルミ・乾燥・ニキビと実にさまざまです。
→続きはこちらから


シワ・たるみに


皮膚の真皮には、ハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがあります。
このどれか一つでも減少してしまうと、肌細胞は支えを失ってシワやタルミの原因になります。
→続きはこちらから


シミに


女性の頭の中では、シミとメラニン色素とはセットになって定着しています。
最近は活性酸素という言葉も、シミと結び付けられるようになってきました。
→続きはこちらから


美白効果


プラセンタは厚生労働省の美白成分として認可されています。
プラセンタの美肌効果の中でも、最も有名なのが美白効果なのです
→続きはこちらから


ニキビやニキビ跡に


ニキビの悩みは、若いころの青春のニキビだけではありません。
生理前のニキビに悩まされている女性も少なくないのです。
→続きはこちらから


妊娠線に


女性にとっては赤ちゃんの誕生は何よりも嬉しいことですが、妊娠線が悩みの種ですね。
その妊娠線にもプラセンタは大いに力を発揮してくれるようです。
→続きはこちらから



プラセンタの成分


10ヶ月もかけて赤ちゃんを育てるプラセンタには
美容と健康のための成分がたっぷり含まれています。
主なものはたんぱく質や脂質、糖質の三大栄養素
→続きはこちらから


プラセンタの副作用


プラセンタは副作用の心配がほとんどないものです。
稀に見られる異常反応のほとんどはアレルギーによるものと言われています。
→続きはこちらから


プラセンタと急性肝炎


かつてプラセンタ注射をしていた女性が強い倦怠感と黄疸を発症し
急性肝炎の疑いで入院するという出来事がありました。
そもそもプラセンタは肝障害の治療薬です。
→続きはこちらから


好転反応と間違える


プラセンタを摂っていて一見副作用かと思われる症状には
好転反応であることが多いようです。
つまり良くなる前の一過性の反応、良くなる兆候なのです。


狂牛病


プラセンタは動物由来のものですから
病原体の心配、特に狂牛病のプリオンの心配をする向きもあるでしょう。
しかし日本では牛プラセンタは使用されておらず
→続きはこちらから


プラセンタ注射


プラセンタの摂取方法の中で、注射が最も効果が高いと言われています。
病気治療では、たいて注射によるヒト由来のプラセンタが使用されます。
また、美容目的でも注射によるプラセンタが用いられますが
→続きはこちらから


プラセンタ点滴


効果的に直接体内にプラセンタを摂り入れる方法として、注射以外に点滴もあります。
点滴ですと注射のような痛みがなく、血管に直接プラセンタの成分が入ります。
さらに大量に摂取できますので、即効性があります。
→続きはこちらから


イオン導入


エステサロンでも、プラセンタを使用して美容施術をしてくれる所が多くなっています。
中でもイオン導入器を用いて
プラセンタの有効成分を肌の奥深くまで浸透させる方法がよく知られています。
→続きはこちらから


プラセンタドリンク


少し前までは、プラセンタドリンクは動物性の独特の臭いがきついものでした。
継続して飲むにはこれが難点でしたが
最近のものは味や香りもジュース感覚で飲みやすくなっています。
→続きはこちらから


プラセンタサプリ


サプリメントには、ほとんどがカプセルタイプと錠剤タイプです。
どちらでも摂りやすい形状で選べばいいのですが
錠剤よりもカプセルタイプのほうが純度が高く、酸化しにくいと言われています。
→続きはこちらから


代表的なサプリメント


人気の高いプラセンタサプリメントは、プラセンタの原料と抽出方法にこだわっています。
たとえば全国シェアの6割以上を占めているプラセンタサプリは


プラセンタ化粧品


アンチエイジング効果の高さから、最近はプラセンタ化粧品が人気を集めています。
化粧品は女性であれば誰でも日常的に使うものです。
プラセンタは毎日継続することが大切ですから
→続きはこちらから



プラセンタの歴史


プラセンタの歴史はとても古く
紀元前400年頃の古代ギリシャで医学の父ヒポクラテスが
プラセンタの薬効について述べています。
→続きはこちらから


すじこのプラセンタ


日本では主流となっている豚のプラセンタですが
宗教上の理由から豚の製品はご法度という国があります。
イラクなどのイスラム教の国々です。
→続きはこちらから


プラセンタを愛した美女たち


過去にプラセンタの威力を身をもって証明している人たちは大勢います。
プラセンタの健康効果、美容効果を言葉で説明するよりも
よっぽど説得力があるかもしれません。
→続きはこちらから


保険適用される場合


プラセンタのサプリメントや化粧品は別として
プラセンタ注射を受ける場合には保険の対象となるかどうかが気になりますね。
これほど安全性が高く、認知度も高くなっているプラセンタなのですが
→続きはこちらから

Share on Facebook