更年期障害にもプラセンタ

2012-12-11



更年期障害は女性の閉経後によく起こる症状ですが
最近は若い女性にも多くなっているようです。
肝硬変と同様にこの更年期障害に対しても
プラセンタの注射薬が厚生労働省から認められています。

更年期障害とは、ホルモンバランスが崩れて自律神経が不安定になり
めまいや頭痛、いらいら、動悸といった症状が表れます。
原因は歳をとるにつれ卵巣機能が低下し女性ホルモンのエストロゲンが減少するからですが
最近は加齢だけでなくストレスや食事、生活習慣の偏りも影響しているようです。

プラセンタは胎盤のことですから、女性ホルモンに大いに関係があります。
プラセンタにはホルモンなどの内分泌調節作用があって
過剰なホルモンを抑え足りないホルモンは増やしてくれます。
プラセンタを摂ることによって
減少したエストロゲンを増やしてくれる効果が期待できるのです。

因みに、更年期障害は男性にもあります。
やはりストレスや加齢が原因で
男性の場合は男性ホルモンのテストステロンが減少し
更年期障害を引き起こすことがあります。


Share on Facebook