骨粗しょう症の予防と改善に

2012-12-11



人間の体を支えている筋肉と骨は、高齢になっても元気に動き回るために重要なものです。
骨粗しょう症はこの骨に穴がたくさん開いて脆くなってしまう症状です。
特に女性に多いとされ、閉経後や高齢になったら気をつけたいものですね。

更年期障害と関連しますが
骨粗しょう症にもプラセンタの内分泌調節作用の効果が期待できます。
骨粗しょう症の原因にはカルシウム不足もありますが
女性ホルモンのエストロゲンの減少が大きいからです。

エストロゲンは男性にもあるものです。
しかし、女性は閉経後にエストロゲンが一気に減ってしまうのです。
ですので、特に女性は骨粗しょう症の予防には気を配る必要があります。

プラセンタを摂ったからといって
エストロゲンが増えすぎるということはありません。
プラセンタの作用は、過剰なものは押さえ足りないものは増やすという調節作用なのです。
プラセンタを摂り減少したエストロゲンを補って
何歳になっても丈夫な骨を保ちたいものですね。


Share on Facebook