胃潰瘍に

2012-12-11



プラセンタが胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に効果があると分ったのは、比較的最近のことです。
日本や諸外国でのさまざまな臨床研究において
プラセンタの顕著な効果が得られたと報告されています。

プラセンタには細胞分裂促進作用があります。
この働きが荒れて潰瘍のできた胃腸の粘膜を修復します。
また胃潰瘍や十二指腸潰瘍は
ストレスによって胃腸の血流が悪くなることが大きな原因です。
この点でも、プラセンタの抗ストレス作用や自律神経安定作用が功を奏します。
プラセンタを摂っていると、自律神経が安定し精神状態も落ち着きを取り戻してきます。
こうしてストレスに負けない胃腸ができるのです。

このようにプラセンタにはできてしまった胃腸の潰瘍を修復し
また胃腸を荒らす原因をなくすことによって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を改善していくのです。


Share on Facebook