がんに

2012-12-11



近代医学のがん治療は、手術によってがん細胞を除去したり
抗がん剤でがん細胞を小さくしたりするものです。
それに対してプラセンタのがん治療は
細胞を元気にしてがんをやっつけるという感じでしょうか。

プラセンタにはがん治療に効果的な多くの作用があります。
まず各種の成長因子です。
成長因子つまり、細胞増殖因子にはがん細胞を正常な細胞に戻そうとする
作用があります。

また、遺伝子が傷つけられた細胞が突然変異するのを抑制する
遺伝子修復作用や抗突然変異作用もがん治療に効果的に働きます。
ほかにも、遺伝子を傷つける活性酸素の除去作用もあります。

特にプラセンタは、子宮がんや乳がんの予防・治療効果が大きいようです。
子宮がんや乳がんは、ホルモンバランスの崩れが原因の一つと言われています。
プラセンタの内分泌調整作用が効果的に働いてくれますね。

このようにプラセンタの相乗効果によって
がんの治療と予防に繋げることができるのです。


Share on Facebook