シミに

2012-12-11



女性の頭の中では、シミとメラニン色素とはセットになって定着しています。
最近は活性酸素という言葉も、シミと結び付けられるようになってきました。

紫外線を受けると肌には活性酸素が大量に発生します。
そして酸化されて黒くなったメラニン色素が、排出されずに沈着してしまったものがシミなのです。

メラニン色素がなぜ排出されないのかというと
新陳代謝が鈍って肌細胞の生れ替わりがうまく行われないからです。
私たちの皮膚は、ターンオーバーと言われる普通28日周期で生れ替わり
古い角質は垢となって剥がれ落ちていきます。
この働きが低下すると、メラニン色素を含んだ古い角質が長期間居すわり続けることになるのです。

プラセンタの細胞分裂促進作用は、肌細胞の生まれ替わりを活発にし
メラニン色素を速やかに排出してくれるのです。
また活性酸素除去作用によって、そもそもシミができにくい肌にしてくれます

Share on Facebook