妊娠線

2012-12-11



女性にとっては赤ちゃんの誕生は何よりも嬉しいことですが、妊娠線が悩みの種ですね。
その妊娠線にもプラセンタは大いに力を発揮してくれるようです。

妊娠線とは、言わばお腹の皮膚にできた裂け目のようなものです。
皮膚は上から表皮、真皮、皮下組織という構成になっています。
赤ちゃんが育つにつれお腹が大きくなっていくと
表皮は伸びるのですが真皮や皮下組織は伸びにくく裂けてしまうのです。

妊娠線は、最初は皮下組織の毛細血管の赤紫色が目立ちますが
徐々に白っぽくなっていきます。
メラニン色素が沈着しやすいため、黒っぽくなることもあります。
なかなか消えることがないため、美容上悩ましいものなのです。

プラセンタは細胞分裂促進作用によって、裂けた皮下組織を修復してくれます。
沈着したメラニン色素も排出してくれるので、黒ずみも改善されていきます。
妊娠中にプラセンタを摂っていれば、妊娠線の予防にもなりますね。


Share on Facebook