プラセンタの抽出方法

2012-12-11



プラセンタエキスは胎盤から有効成分を抽出して作られます。
抽出方法によって効果にも差が出ますので
プラセンタを選ぶ際のポイントとなります。

加水分解法は、塩酸などで胎盤の細胞膜を溶かして抽出する方法です。
有効成分まで分解されてしまう確率が高いのが難点です。

酵素分解法は、酵素によって胎盤の細胞膜を溶かして抽出します。
有効成分の抽出率は高いのですが
抽出後の高温処理によって成分の損失が大きくなります。

凍結融解法は、瞬間凍結して細胞膜を破壊して抽出する方法です。
有効成分が失われやすいため現在はほとんど利用されていません。

凍結酵素抽出法は、凍結融解法と酵素分解法を合わせた方法で
有効成分が壊れることなく抽出できますがコストが高くなります。
分子分画法はフィルターを通過させることによって、有効成分のみを抽出する方法です。
有効成分を損なわないメリットがありますが


Share on Facebook