背中・お尻ニキビの治し方入門


皮脂と脂(背中ニキビ)


背中にニキビができると
水着や背中の開いた洋服を着るのをためらってしまいます。
背中ニキビは顔と違って、痒みや痛みが出るまで気づかないこともあり
→続きはこちらから


日常生活の原因(背中ニキビ)


皮脂や汗が多い背中ですが、顔と違って目に付きにくい部分です。
ですから、どうしても普段のケアを怠りがちになります。
たとえばお風呂ですが、背中は手が届きにくいせいもあり
 →続きはこちらから


乾燥が原因(背中ニキビ)


ニキビを考える時、乾燥と結びつけることはあまりないようです。
ニキビは皮脂がもとだから
肌の皮脂は徹底的に落としたほうがいいと考えがちです。
→続きはこちらから


食生活が原因(背中ニキビ)


背中ニキビに悩む女性が多くなっているのは
欧米型の食生活も大いに関係がありそうです。
現代は、肉や揚げ物、バターやクリームを使った料理
→続きはこちらから


皮脂を増やす生活習慣(背中ニキビ)


生まれつき皮脂腺が大きいとか数が多い、また機能が活発なため
ニキビを作りやすい人もいます。
しかし、小さい頃からの生活習慣や食生活のせいで
→続きはこちらから


角質を溜める生活習慣(背中ニキビ)


ニキビの原因は、皮脂分泌過剰と古い角質が毛穴を塞ぐことです。
思春期ニキビの原因は前者ですが、大人ニキビの原因は両方で
特に後者が大きいといわれています。
→続きはこちらから


血液の問題(背中ニキビ)


血液が汚れていたり血行が悪かったりして
ニキビができやすい人もいます。
皮脂分泌を過剰にする食生活や生活習慣は、血液循環も悪くします。
→続きはこちらから



日常予防(背中ニキビ)


背中は、皮脂分泌が多く汗をかきやすい部分です。
ですから、背中ニキビの予防には、清潔にすることが大切になります。
汗をかいたら、こまめにシャワーで流したり
→続きはこちらから


食事の改善(背中ニキビ)


食事は体を作る基本、肌を作る基本です。
背中ニキビを予防するには、ニキビを作りにくい体を作ることが大事です。
外からどんなによいケアをしても、内面がニキビ体質では効果はありません。
→続きはこちらから


生活習慣の改善(背中ニキビ)


背中ニキビの予防には、ストレスの解消も大切です。
ストレスは社会生活を営んでいる以上、誰もが抱えているものです。
ストレスはあって当たり前と受け止め
→続きはこちらから


外用薬治療(背中ニキビ)


皮膚科で処方される抗生物質入りの塗り薬は
殺菌・抗菌作用で背中ニキビを治療します。
気をつけたいのは、続けているうちに菌に耐性ができて
→続きはこちらから


内服薬治療(背中ニキビ)


抗生物質の飲み薬には、ミノマイシンやルリッドがあります。
ミノマイシンは殺菌力が強く、耐性菌が少ない長所がありますが
副作用や他の薬との飲み合わせ、妊娠中は服用できないなど
→続きはこちらから


ピーリングの塗り薬(背中ニキビ)


ピーリング作用で背中ニキビに効果的な塗り薬に
レチノイン酸クリームがあります。
ピーリングは、角質間の結合を弱めて角質を剥がれやすくし
→続きはこちらから


背中ニキビ石鹸


背中ニキビ用の石鹸やボディシャンプーは、殺菌力・洗浄力が必要ですが
潤いを奪い過ぎると乾燥を招き、ニキビを誘発します。
このため、保湿成分が十分配合されているものを選びましょう。
→続きはこちらから


背中ニキビ化粧品


皮脂分泌を抑制し、毛穴を引き締め、かつ保湿をしっかりしてくれる
ニキビ用の化粧品はさまざま出回っており、背中ニキビにも人気があります。
大半は鉱物油や香料などの合成化合物無添加になっており、肌に刺激を与えません。
→続きはこちらから


血液をキレイにする


 ニキビができやすい人や治っても再発するという人は
血液循環が悪いお血体質が多いといわれます。
脂肪や糖分の多い食事を改善すると、皮脂分泌を抑制し
→続きはこちらから


メディカルエステ


背中ニキビの本格的な治療を受けたいなら
メディカルエステの施術もいいでしょう。
一般のエステサロンと違い
→続きはこちらから





ニキビとは(お尻ニキビ)


ニキビは毛穴に皮脂と古い角質が詰まり
そこにアクネ菌が作用してできます。
ですからニキビは顔だけでなく、皮脂が分泌される部分なら
→続きはこちらから


お尻ニキビは治りにくい


お尻にできるニキビは、女性にとっては大きな悩みの種ですね。
お尻ニキビは、悪化すると座るたびに痒みや痛みに
悩まされることになり、厄介なものです。
→続きはこちらから


皮脂分泌(お尻ニキビ)


チョコレートやナッツ類を食べ過ぎてニキビができた、という人は多いでしょう。
現代の食事は肉類や揚げ物など脂肪が多く、その上女性は甘い物が好きです。
→続きはこちらから


角質(お尻ニキビ)


ニキビは、毛穴に皮脂が溜まったところに
古い角質が毛穴を塞ぐことから始まります。
毛穴が塞がると、さらに皮脂が外に出られなくなって、ニキビが作られるのです。
→続きはこちらから


日常のお手入れ(お尻ニキビ)


下着や衣服で保護されているお尻は、温度が上がりやすく湿気がこもりやすい部分です。
特に夏など、汗をかいた後に不衛生にしていると、アクネ菌の格好の繁殖場所となります。
→続きはこちらから


お尻ニキビと間違いやすい症状


お尻ニキビと紛らわしいものに、おできがあります。
どちらも皮膚がぷくっと盛り上がって赤くなり
痒みや痛みを感じることもあります。この二つは、原因に違いがあります。
→続きはこちらから


お尻ニキビは予防が肝心


 お尻ニキビは一度できると、下着の刺激や座ることによる圧迫で
悪化させることが多くなります。ですから、お尻ニキビは特にできる前の予防が大切です。
→続きはこちらから


食事で予防(お尻ニキビ)


ニキビができる根本原因は
皮脂分泌の過剰や新陳代謝の低下といった内面にあります。
ニキビ予防は、ニキビを作りにくい体を作ることが基本になります。
→続きはこちらから


生活習慣の改善(お尻ニキビ)


お尻ニキビができにくい体作りには、生活習慣も大きく関わってきます。
睡眠不足や夜更かしは、ホルモンバランスを崩して皮脂分泌を増やすだけでなく
成長ホルモンを減らして新陳代謝を悪くします。
→続きはこちらから


薬で治療(お尻ニキビ)


お尻ニキビができてしまったら、初期段階であれば
市販されている抗菌剤を自分で塗布して様子をみてもいいでしょう。
治りにくかったり炎症の兆候がある場合は
→続きはこちらから




お尻ニキビの外用薬


皮膚科で処方してくれる外用薬には
抗菌剤のほかにイオウやビタミンC誘導体を配合した
ローションやアダパレンなどがあります。
→続きはこちらから


お尻ニキビ用化粧品1


炎症を起こしていない初期のお尻ニキビなら
セルフケアできる化粧品も多く出回っています。
人気のニキビケア化粧品は、石鹸・化粧水・美容液といったセットで
→続きはこちらから


お尻ニキビ用化粧品2


炎症を起こしていない初期のお尻ニキビなら
セルフケアできる化粧品も多く出回っています。
人気のニキビケア化粧品は、石鹸・化粧水・美容液といったセットで
→続きはこちらから


ピーリング石鹸


薬用ニキビ専用石鹸は、殺菌成分のトリクロサンや
消炎成分のグリチルリチン酸ジカリウムなどでニキビの炎症を抑制します。
植物エキスなどの保湿成分で肌の潤いもしっかり守ります。
→続きはこちらから


サプリメント(お尻ニキビ)


お尻ニキビの改善には、肌のターンオーバーも重要な要素です。
ターンオーバーを促進するためには、内面からのケアも大切です。
そのためには、肌細胞を作るために必要な栄養素は、食事以外にも積極的に摂ると効果的です。
→続きはこちらから


体質改善


ニキビを作りやすかったりニキビを繰り返す人は、酸性体質
つまり血液が粘っこくなって血液循環が悪い人が多いようです。
皮脂分泌が少ないお尻にニキビができる人は、この傾向が強いかもしれません。
→続きはこちらから


医療機関で光治療


お尻ニキビを放置して炎症や化膿がひどくなった場合は
躊躇せずに皮膚科の治療を受けましょう。
炎症・化膿に進むと、ほとんどは皮膚の真皮までダメージが及んで
→続きはこちらから

Share on Facebook