外用薬による治療

2012-12-12



皮膚科で処方される抗生物質入りの塗り薬は
殺菌・抗菌作用で背中ニキビを治療します。
気をつけたいのは、続けているうちに菌に耐性ができて
効果が薄れてくることです。また抗炎症剤のステロイド剤は
皮膚の免疫力を低下させてニキビを悪化させることもあります。

抗生物質は、クリンダマイシン、ナジフロキサシンなどで
ダラシンローション(ダラシンTゲル)や
アクアチムクリーム(ローション)の名称で処方されます。
抗生物質もステロイド剤も、ニキビを根本的に改善するわけではなく
ニキビができにくい体作りと並行することが必要です。

古くはイオウカンフルローションなど
イオウ成分でニキビを治療する塗り薬があります。
イオウには殺菌作用があり、過剰な皮脂を吸収し、角質を剥がれやすくします。
ただし、イオウは肌を乾燥させる作用が強いため
使用には注意が必要です。イオウ成分配合のクリームも市販されています。

医薬品ではありませんが
ビタミンC誘導体ローションは皮膚科処方でも市販でも入手できます。
ビタミンCは、皮脂分泌を抑えたり毛穴を引き締め
ニキビによる色素沈着を防ぐため、背中ニキビにも効果的です。


Share on Facebook