ピーリングの塗り薬

2012-12-12



ピーリング作用で背中ニキビに効果的な塗り薬に
レチノイン酸クリームがあります。
ピーリングは、角質間の結合を弱めて角質を剥がれやすくし
毛穴に詰まった皮脂も同時に除去します。
また、肌のターンオーバーを促進する効果があります。
ただし、炎症や化膿状態のニキビには不向きです。

レチノイン酸は効果が高い分刺激が強く、使用後には角質が薄くなります。
皮膚のバリア機能が一時低下しますので、使用後は紫外線対策が必須です。
怠るとニキビを悪化させることもあります。
レチノイン酸より穏やかなピーリング薬に、アダパレン酸クリームがあります。

同じくピーリングの塗り薬に、アゼライン酸クリームがあります。
アゼライン酸にはピーリングのほかに
殺菌効果と男性ホルモンを抑制する効果があり、ニキビに効果的です。
レチノイン酸と同様アゼライン酸クリームも、使用後の紫外線対策を徹底することが大切です。
これらの薬は、皮膚科で処方してもらえます。


Share on Facebook