ニキビとは

2012-12-12



ニキビは毛穴に皮脂と古い角質が詰まり
そこにアクネ菌が作用してできます。
ですからニキビは顔だけでなく、皮脂が分泌される部分なら
全身どこにでもできる可能性があります。

初期のニキビは白ニキビや黒ニキビと呼ばれ
皮脂と角質が毛穴に溜まっている段階です。
炎症を起こしていないため、腫れたり痛んだりすることはあまりありません。
ここにアクネ菌が作用すると、炎症が起こって赤ニキビとなり
さらに悪化して化膿すると黄色ニキビとなります。

アクネ菌は誰の皮膚にでもある常在菌で、皮脂を栄養にしています。
普通の数であれば、他の病原菌から肌を守ってくれる働きをしてくれます。
しかし、皮脂が過剰になってアクネ菌が異常に増殖すると
それをを阻止しようと白血球が働き出すため、炎症が起きたり化膿したりします。


Share on Facebook