お尻ニキビは治りにくい?

2012-12-12



お尻にできるニキビは、女性にとっては大きな悩みの種ですね。
お尻ニキビは、悪化すると座るたびに痒みや痛みに
悩まされることになり、厄介なものです。
また、顔にできるニキビより大きく
腫れたり汁や膿が出たりすることが多くなります。

お尻は体の他の部分より皮脂腺が少ないのに
ニキビができやすいのはなぜでしょう。
まず、顔と違って常に下着や衣服で覆われているため
蒸れやすく細菌が増殖しやすいということがあります。
下着の接触や擦れ、座った時の圧迫などによる刺激もあります。
このため、角質が厚くなり毛穴を詰まらせやすくなるのです。

また、目が届きにくくケアをしにくい場所でもあるため
悪化させがちです。このため、いったんできると治りにくい傾向があるようです。
しかも角質が厚くなっていると、シコリや跡ができやすくなります。
ですから、お尻ニキビは特に、予防対策と初期段階での早期治療が重要です。


Share on Facebook