原因3:日常のお手入れ

2012-12-12



下着や衣服で保護されているお尻は、温度が上がりやすく湿気がこもりやすい部分です。
特に夏など、汗をかいた後に不衛生にしていると、アクネ菌の格好の繁殖場所となります。

できてしまうと気になるお尻ニキビですが、普段お尻を特に意識することは少なく
お風呂でも念入りに洗うことを怠りがちです。
さらにシャワーですと、よく肌が温まらないうちにざっと洗って流す
という感じではないでしょうか。

これでは毛穴が閉じたままで、中の皮脂や汚れが落としきれていない可能性があります。
また、石鹸分が残っていると、その刺激が肌を荒らし、毛穴を角質で詰まらせやすくするのです。

この状態で、毎日下着で擦られたり、座って全体重をかけられたりするのですから
お尻にはけっこうニキビができやすくなってしまうのですね。


Share on Facebook