お尻ニキビと間違いやすい症状

2012-12-12



お尻ニキビと紛らわしいものに、おできがあります。
どちらも皮膚がぷくっと盛り上がって赤くなり
痒みや痛みを感じることもあります。この二つは、原因に違いがあります。

ニキビは皮脂や角質が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が増殖して起こります。
一方、おできは毛包炎とも呼ばれ
毛穴の奥の毛包に黄色ブドウ球菌が侵入し、炎症や化膿を起こすものです。

ですからおできは、皮脂が少なくても
毛穴がある所にはどこにでもできる可能性があります。
お尻は菌が繁殖しやすい環境でもありますので、おできもできやすいといえます。

ほかに、アテローマ(粉瘤:ふんりゅう)があります。
何らかの原因で皮下に袋状の組織ができ
皮脂と角質が溜まって膨らんでいく良性腫瘍のことです。
良性ですので無理に切除することもありませんが、少しずつ大きくなっていきます。
化膿して腫れあがることもありますので、専門医の治療を受けたほうがいいでしょう。

Share on Facebook