お尻ニキビは予防が肝心

2012-12-12



お尻ニキビは一度できると、下着の刺激や座ることによる圧迫で
悪化させることが多くなります。ですから、お尻ニキビは特にできる前の予防が大切です。

アクネ菌を繁殖させないためには、当然ですが清潔が一番です。
特に夏は、汗をかいたらシャワーや下着の交換をこまめに
下着を通気性や吸水性のよい素材にするよう心掛けましょう。

デスクワークをする人は、長時間お尻を圧迫し、通気を悪くしています。
お尻ニキビができやすく、治りにくい条件が揃っています。
一定時間ごとに椅子から立ったり歩いたりして、お尻を解放してあげましょう。

入浴はシャワーだけで済ませず、湯船に浸かることも大切です。
体を温めて皮膚の毛穴を開かせると、ゴシゴシ洗わなくても
皮脂汚れや古い角質がよく落ちます。
入浴は血行を促進して新陳代謝を高め、古い角質が毛穴を塞ぐことを予防します。

また石鹸分は十分洗い流し、タオルで拭く時は擦らないことが大切です。
乾燥しやすいお尻は、最後にボディーローションで保湿を行いましょう。
ニキビ予防には保湿もとても重要です。


Share on Facebook