食事で予防

2012-12-12



ニキビができる根本原因は
皮脂分泌の過剰や新陳代謝の低下といった内面にあります。
ニキビ予防は、ニキビを作りにくい体を作ることが基本になります。
それには、食生活の改善が欠かせません。

肉中心で揚げ物やスナック菓子など、脂肪の多い食事を減らすことで
皮脂分泌の過剰を予防することは大事です。
このような食生活の改善は、血液をきれいにして血行をよくし
新陳代謝をアップさせる効果もあります。
もともと皮脂の少ないお尻にとっては、この効果のほうが大きいかもしれません。

また、日々の食事で、肌作りに必要な栄養素をしっかり摂取することが必要です。
肌を作るということは、新陳代謝が行われるということです。
新陳代謝が活発だと健やかな肌が生まれます。
忙しい人はサプリメントでの栄養補給もいいでしょう。

炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミンやミネラルをバランスよく
特に細胞の基本となるたんぱく質、肌の再生に欠かせないビタミンや亜鉛などのミネラル
有害物質を排泄してくれる食物繊維、消化を助け血液を浄化する酵素など
十分摂り入れるように心掛けましょう。


Share on Facebook