薬で治療

2012-12-12



お尻ニキビができてしまったら、初期段階であれば
市販されている抗菌剤を自分で塗布して様子をみてもいいでしょう。
治りにくかったり炎症の兆候がある場合は
早めに皮膚科など医療機関で治療を受けましょう。
お尻ニキビはその環境から炎症や化膿に進みやすく
治っても跡が残ってしまう可能性が高いからです。

顔と違ってお尻のニキビは、病院を訪ねることを躊躇しがちです。
しかし、医師や看護師にとってはニキビが治療の対象であって
それがある場所がお尻であるに過ぎません。
患者が恥ずかしがる必要は全くないのです。

医療機関での薬による治療では
多くは抗生物質などの抗菌剤が処方されます。
飲み薬やローション、クリームなどの外用薬です。
薬の治療はあくまでも補助で、お尻を清潔にすることや食生活や
生活習慣の改善で、ニキビを作らない体作りが基本となります。


Share on Facebook