お尻ニキビの外用薬

2012-12-12



皮膚科で処方してくれる外用薬には
抗菌剤のほかにイオウやビタミンC誘導体を配合した
ローションやアダパレンなどがあります。
これらを配合した塗り薬や化粧品も市販されています。

イオウには角質柔軟作用があり、アダパレンには皮膚の角化を抑制する作用があって
ともに古い角質を剥がれやすくしてくれます
。 イオウは塗った部分を乾燥させやすいため
塗るのはニキビ部分のみにし、保湿をしっかりします。

ビタミンC誘導体は、シミに効くだけではありません。
皮脂分泌を抑制し毛穴を引き締め、皮脂の酸化を防ぐため、ニキビに効果的なのです。
皮膚科のニキビ治療でも、たいていビタミンCのローションが処方されますし
ニキビ治療化粧品にも配合されていることが多いのです。
ただし、濃度が高くなると乾燥もしやすくなるため、注意が必要です。


Share on Facebook