医療機関での光治療

2012-12-12



お尻ニキビを放置して炎症や化膿がひどくなった場合は
躊躇せずに皮膚科の治療を受けましょう。
炎症・化膿に進むと、ほとんどは皮膚の真皮までダメージが及んで
ニキビが治っても跡が残ることが多いからです。
ニキビ跡の回復には時間がかかり、一生残ることもあります。

医療機関では、切開手術や抗生物質の薬物治療のほか
レーザーやフォトフェイシャルなどの光治療があります。
レーザー治療は、炎症を悪化させることもあるため、進行中のお尻ニキビには不適切です。
ニキビがおさまってから専門医に診察してもらい、適切なレーザー治療を選択します。

フォトフェイシャルは特殊な光を肌全体に照射します。
ニキビ全体の施術ができ、肌のターンオーバーを回復する作用もあります。
肌に優しい光を使用するため、レーザー治療のようなダウンタイムはないのですが
効果を感じるまでには一定期間の通院が必要になります。


Share on Facebook